Teamwork

チーム座談会

チームの紹介ディレクター岩瀬さんより

このチームはPwC京都監査法人で最も大きなクライアントの一つを担当する監査チームで、延べ人数は30名ほどです。いつも明るくやる気にあふれ、チームワークも抜群。今回の座談会ではその中から5名を集め、監査業務におけるチームプレーについて語ります。

  • 岩瀬 | Iwase 入所14年目の岩瀬です。ディレクター、現場責任者としてチームをまとめています。
  • 笹島 | Sasajima 入所5年目の笹島です。スーパーバイザーとして主に親会社の監査を担当しています。
  • 大森 | Omori 入所9年目、SA(Senior Audit associate)の大森です。AA(Audit Associate)として監査に関連する事務手続きや、会計士の補助業務を行っています。
  • 小管 | Kosuga 入所9年目、マネージャーの小管です。SPA(System and Process Assurance)としてITシステム監査を担当しています。
  • 米田 | Komeda 入所1年目、新人スタッフの米田です。主に連結監査を担当しています。

より良いチームになるために。課題と目標は何ですか?

米田 課題…たくさんありますが、一番はクライアントからもメンバーからももっと信頼されるようになることです。今はまだ助けて頂いているばかりだし、仕事も指示された業務をこなすだけでいっぱいいっぱい。もっと余裕を持って仕事ができるようになって、チームにも貢献できるようになりたいです。

小管 私は会計監査とシステム監査の融合を進めたいです。このチームはかなりできている方ではありますが、まだまだ充分ではないので、架け橋となる役割を担えたらと思っています。そのためには、会計士の方がつくられた調書にも目を通して監査のプロセスを理解するなど、お互いの業務を理解しあうことが必要ですね。

岩瀬 私は2つあって、1つはチームとして全員が同じ方向を向けるようにすること。そのためには私が何をしたいか、どう考えているかをもっと一人ひとりと話し合いたいですね。2つ目は心の底から理解しあえるチームにしていくこと。それには目の前の仕事だけでなく、私自身の経験や想いをもっと伝えていかなくちゃいけないなと思っています。

大森 AAの課題は、パソコンのスキルアップです。一人ひとりのExcel、Word、Accessのレベルがもっと上達することで、業務の効率化を目指したいです。また個人的な目標は、後輩の指導をしっかりすること。監査法人のAAという仕事は、あまり一般的な業種ではなく、経験者はほとんどいないんです。なので、後輩に仕事の仕方を教えるだけでなく、仕事が楽しい!もっと色々知りたい!と思ってもらえるような教え方ができたらいいなと思っています。上に立つ大変さを身にしみて感じていますが、せっかく与えてもらった役割なので成長に繋げたいです。

笹島 私も個人とチームと2つ目標があります。個人的な目標は監査の品質を上げることです。ミスをしないのはもちろん、監査に限らずクライアントのためになる提言ができるようになりたいです。私がいま目標にしている先輩がいるのですが、現場ではやっぱりまだその先輩の名前が出てきてしまうんですね。「笹島さん」という名前が自然と現場で出てくるようにアピールし続けたいと思います。またチームとしての目標は、ムードメーカーとして、どんなに忙しいときも私だけは余裕を持って質問しやすい環境をつくり続けること。岩瀬さんをはじめ先輩方の力になるとともに後輩に頼られる存在になりたいですね。

座談会は以上です。みなさん長時間ありがとうございました。 (2015年5月撮影・取材)